四角いどら焼きが美味!ankoya 保春院店

近場でおいしいスイーツはないかな〜と探していて、見つけたお店。

四角いどら焼きが名物のankoyaは、市内に4店舗を展開しているどら焼き専門店です。

今回は保春院店に行ってみました。

ankoya 保春院店

保春院(ほしゅんいん)の最寄り駅は、地下鉄東西線薬師堂駅になるでしょうか。

といっても750mぐらい、徒歩8分はかかりますね。

わたしは家から自転車で行ける範囲ですが、駅近を狙うなら駅前店(名掛丁アーケード内)がおすすめです。

さて、保春院店の見かけはほぼ普通の家。笑いちおう小さめの看板は出ています。

中もすごくシンプルな作りで、出ているぶんを売り切ったら営業終了という感じでした。

「本日分まだあります」という看板が出ていたので、売り切れたら売り切れと看板が出るはず。

基本のどら焼きは3種類。

ほかにミニサイズの「こどら」の詰め合わせや季節限定味があり、今の時期は抹茶どらでした。

四角いフォルムがなんとも不思議です。

なぜ四角形かというと「どこから食べてもあんに当たるように」とのこと。ankoyaという名前だけあって、あんにはかなりこだわりがある様子。

一般的などら焼きよりはやや小さめですが、手にとるとずっしりと重たくて、中身が詰まってる感がすごいです。

あんどら 158円

皮は薄めで、あんこの詰まり具合がすごい!!ぎゅわっと密着してます。

生地はもっちり系。あんこは皮をのこしてあるそうで、粒がはっきりした、塩気も効いたタイプです。

けっこう甘いですが、あんたっぷりでも全然くどくありませんね〜。

まさにあんを食べさせるためのどら焼きという感じ。生地はあんを引き立たせるためのものですね。

夫の感想は「濃厚でコクのあるあん。それでいてもそもそしてなくて、あんこの水気もちゃんとあっておいしい」とのことでした。

くるみどら 186円

こちらはくるみがゴロゴロと入ったタイプ。

てっきりくるみあんが入っているかと思ったのですが、さすがあんこにこだわるankoyaさん。あくまで基本のあんこ生かしなんですね…!

カリカリとした食感がアクセントになり、くるみの香りもよくて好きな味。

バターどら 186円

バターがたっぷり入ったタイプ。少しだけレンジで温めると、バターがとろけていい感じになります。

全体がさらに濃厚こってり味になり、バターのほのかな塩気がまたあんこと最高に合う。

ちょっと洋風にもなるので、あんこだけがずっと続くのはきついという人におすすめ。

まとめ:あんこ好きにおすすめのスイーツ

どら焼き屋さんなのになぜ「ankoya」?とはじめは思いましたが、食べてみて納得しました。

あんこを食べてもらいたいからこそこの形なんだなーと。実際、すごくおいしいあんこだと思います。

ちなみにそのまま冷凍もできるので、まとめて買うのもおすすめ。

遅い時間だと売り切れの可能性もあるため、行くなら早めの時間がいいですよ。

ankoya 保春院店

  • 住所:宮城県仙台市若林区保春院前丁48-2
  • アクセス:市営地下鉄東西線薬師堂駅から徒歩8分
  • 営業時間:9時〜18時
  • 定休日:日・祝日